メインメニュー
  
トップ  >  さくらインターネット関連  >  さくらインターネット 保守・運用関係  >  03.さくらインターネットでシェルスプリクトを使って古いファイルの削除を行う
さくらインターネット シェルスプリクト ファイルの削除

03.さくらインターネットでシェルスプリクトを使って古いファイルの削除を行う



さくらインターネットなどのシェルが使えるサーバーで
ディレクトリ丸ごと調べて古いファイルを削除するサンプルです。

何かの参考になればと思います。
※自動化には、CRONを使うと便利です。

サンプルのダウンロード先
・古いファイルを削除するサンプル


・解凍後以下のファイルが現れます。

/sakurafiledelete
├readme.txt (簡単な説明書です)
|
└tempfiledelete.sh


--tempfiledelete.shの設定
tempfiledelete.shをエディターで開きます。
画像の赤枠の部分を自分のサーバー用に書き換えます。
シェルで古いファイルの削除

--実際のスプリクト
以下はファイル内のスクリプトです。
(画像が見えない&書き方を見に来ただけの人用) WWWDIRは変数です。ここに対象のディレクトリを書きます。
findというコマンドはファイルを探すために使っています。
32は何日古い日付のものを見つけるかです。
xargs rm というコマンドはファイルを消すコマンドです。
※コマンド自体は一行で事足ります(^^-
※自動化には、サクラインターネットではCRONを設定すると便利です。

#!/bin/sh

#--このスクリプトは、サクラサーバーなどで        --
#--シェルを使ってファイルの削除を行います        --
#--ファイル操作なので十分注意してご使用ください         --
#--当スクリプトで問題が発生しても責任は持てません        --

##--config start--
##必要必須 貴方のサーバーの設定に変えて使用してください。
WWWDIR=/home/貴方のドメイン名/www/tmp

#確認用 32日(一か月分)検索して表示します
#find ${WWWDIR} -type f -mtime +32 | xargs echo -f

#検索&削除 32日(一か月分)検索して消します
find ${WWWDIR} -type f -mtime +32 | xargs rm -f


プリンタ用画面
前
02.さくらインターネットでシェルスプリクトを直接実行したい。teratermを使ってサーバーへSSH接続。
カテゴリートップ
さくらインターネット 保守・運用関係
次
04.さくらインターネット ドメインの移転 .htaccess リダイレクト 記述方法

Powered by おもいつき広場© 2001-2012 iexcl Project