メインメニュー
  
トップ  >  さくらインターネット関連  >  さくらインターネット 保守・運用関係  >  02.さくらインターネットでシェルスプリクトを直接実行したい。teratermを使ってサーバーへSSH接続。

02.teratermを使ってサーバーへSSH接続。シェルスプリクトを直接実行したい。



さくらサーバーにシェルスクリプトを置いたとき
直接実行したい場合があります。

さくらインターネットにteratermでssh接続しましょう。
※この記事では、前記事
01.さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプルの
スクリプトを動かそうとしてます。
== ソフトTeraTermのダウンロード先 ==

TeraTerm Project は、ターミナルエミュレータ Tera Term 、
および SSH 対応拡張モジュール TTSSH の開発をしています。
BSDライセンスに基づくオープンソース・ソフトウェアです。
オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。
開発は、SourceForge.jp上のプロジェクトページで行われています。


TeraTerm Home Page

--さくらインターネットにteratermでssh接続しましょう
インストールした。teratermのアイコンをクリックしてソフトを立ち上げます
さくらインターネットにteratermでssh接続しましょう 

teraterm:新しい接続の部分で必要項目を入力してOKボタンを押します。

TCP/IP ホストには、あなたがさくらで使っているドメイン名を入力します。
サービスは、SSHを選びます。

さくらインターネットにteratermでssh接続しましょう 

SHH認証は名前とパスワードをうちます。
多分、さくらインターネットでは、
契約時のFTPアカウントでログインできると思います。(環境によって変わる可能性があります)
さくらインターネットにteratermでssh接続しましょう 

ログイン後の画面です。
さくらインターネットにteratermでssh接続しましょう 
※%の後の■の部分に入力が行えます。

早速入力してみます。
%の後の■の部分に入力が行えますので、
シェルプログラムが入ってるファイルを指定してみます。入力後はエンターで実行されます。
画面ではバックアップ用のファイルをを指定してみました。
さくらインターネットにteratermでssh接続しましょう 

実行結果が表示されます。パスが間違っているなどの場合は、command not foundなどのエラーが出ます。
実行されると少し時間が空き実行結果が表示されます。
画面は文字化けてますがご愛嬌で(^^-;;
このような流れで実行を行います。
さくらインターネットにteratermでssh接続しましょう 

プリンタ用画面
前
01.さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル
カテゴリートップ
さくらインターネット 保守・運用関係
次
03.さくらインターネットでシェルスプリクトを使って古いファイルの削除を行う

Powered by おもいつき広場© 2001-2012 iexcl Project