メインメニュー
  
トップ  >  さくらインターネット関連  >  さくらインターネット 保守・運用関係  >  01.さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

01.さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル



ホームページを作るとサーバーをバックアップしたいともうことがあると思います。
自動的に行えると便利ですよね。ここでは、さくらインターネットでCRONを使った
バックアップの方法を載せてます。参考になればともいます。

[概要]
・サーバー上のバックアップはシェルを書いたファイル(backup.sh)で行います。
・バックアップを自動化するためのトリガーには、
 サクラインターネットでは、CRONを登録して定期的に実行します。

※上記のサーバーのバックアップの際、
 実行ファイルとバックアップ予定のファイルは
 wwwより上が理想的です(第三者に見えない形で置く)

・サーバー上でバックアップをとったファイルを
 ローカルのパソコンへダウンロードします。
 ダウンロードはbatファイルで行います。
・ローカルへのダウンロードを自動化するには
 batファイルを定期タスクなどにいれると
 いいかと思います。

以上わかりにくい説明ですが概要でした。

この記事の画像は、クリックいただければ大きい画像が見れます。
バックアップのスプリクトの説明は機会と需要があれば
別記事に書きます。よろしくお願いいたします(^^-

※用途に合わせてダウンロードして解凍してください。
・さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル
  "MYSQLのDB"と"ホームページを置くディレクトリー"をバックアップしたい場合
・さくらインターネットでデータベース丸ごとバックアップ
  "MYSQLのDB"をバックアップしたい場合
・さくらインターネットでディレクトリをバックアップ
  "ホームページを置くディレクトリー"をバックアップしたい場合




・解凍後以下のファイルが現れます。
 「サクラ側シェルスクリプト」のbackupフォルダーの中身は、
 サーバー上にアップしてシェル上やCRONで実行します。
 実行するとサーバー上にバックアップしたファイルが日付付きで作成されるので、
 今度は、「ローカル定期タスクとかに入れる実行バッチ」のbatファイルを動かして
 ローカルにダウンロードします。batファイルは定期タスクに入れると
 バックアップの自動化が行えます。


/sakurabackup
| |readme.txt (簡単な説明書です)
|
|
├ /サクラ側シェルスクリプト
| |
| └/backup
|   |backup.log (サーバー側に置きますこのファイルにbackup.shの実行ログが残ります)
|   |backup.sh  (サーバー側に置きます。このファイルが実行されます)
|
|
|
└ /ローカル定期タスクとかに入れる実行バッチ
  |ftpget.bat (サーバー側でバックアップしたあとローカルにDLするプログラム)
  |ftpget.txt (作業用ファイル)


--backup.shの設定
backup.shをエディターで開きます。画像の赤枠の部分を自分のサーバー用に書き換えます。
※画像は、フルバックアップの画像です。DBのみのプログラムをダウンロードした方は
 項目が少しすくないと思いますのでそのつもりで確認してください。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル
@このファイルはサーバー上で動作しサーバー上のファイルやDBデータを集めて圧縮するためのプログラムです。

backup.shをエディターで開いた後、書き換えるのですが
さくらインターネットの場合画像のようにコントロールパネルを
並べてみるとどこを書き換えるかみやすいです。

dbuserは、データベースユーザー名
dbpwは、データベース接続パスワード
dbnameは、データベースユーザー名
dbserverは、データベースサーバー
WWWDIRは、画像にはないですが、サーバー上でHTMLファイルを置いている場所になります。
     たとえばドメインxxxxxという名前なら/home/xxxxxx/wwwという感じです。
     (環境により変わるかもしれません)
BK_DIRは、同じく画像にはないですが、サーバー上でバックアップファイルを保存する場所になります。
     たとえばドメインxxxxxという名前なら/home/xxxxxx/backupという感じです。
     (/home/xxxxxx/wwwと同じフォルダーに置かないようにしてください)

さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

--ftpget.batの設定
ftpget.batをエディターで開きます。画像の赤枠の部分を自分のサーバー用に書き換えます。
※画像は、フルバックアップの画像です。DBのみのプログラムをダウンロードした方は
 項目が少しすくないと思いますのでそのつもりで確認してください。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル
@このファイルはローカルで動作しサーバー上で圧縮されたファイルをダウンロードするためのプログラムです。

ftpget.batをエディターで開きます。画像の赤枠の部分を自分のサーバー用に書き換えます。
さくらインターネットっぽく書いてみました。イメージがつかめると幸いです。

注意点としては、echo user部分の名前とパスワードの間が半角空白一文字あいています。
保存先は、ネットワークパスを指定できます。私はネットワーク越しに違うパソコンに保存しています。
バックアアップファイルの場所は、backup.shに書いたパスと同じにしないとダウンロードできないので注意してください。

さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

--FTPでファイルをアップロードする
FTPソフトを開きます。私はFFFTPを使っていますので
画像のアイコンをクリックしてソフトを立ち上げました。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

ファイルをアップロードする前の注意点として実行プログラムは
アスキーファイルでアップロードしてください。
そのための環境設定を行います。
FFFTPのオプション->環境設定を押します。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

設定1タブを選択します
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

追加ボタンを押します
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

追加ボタンを押したらファイル名を入力する欄が現れるので
*.shと入力してOKを押します。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

*.shが増えているのを確認してOkで閉じます
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

サーバーにログインしてください。

※契約時のアカウントでログインするとwwwより上の階層が見えますので
 そこにフォルダーを作りバックアップをとる感じとなります。
 注意点としては、さくらインターネットは契約時
 初期の接続アカウント情報があるはずですのでそれを使ってログインします。
@メールアドレスでログインしない方がよさそうです(ルートではなくwww以下にログインしてしまうため)
@みんなの見える位置(wwwの下など)にバックアップをとったりこのプログラムを置くと
 みんなにアカウントをみられたり中身をみられたりする可能性があるので気をつけてください。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

ルート直下にbackupフォルダー丸ごとアップロードします。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

FTP上でbackupフォルダー内を確認しファイルがちゃんとアップロードされているかを確認します
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

FTP上でbackupフォルダー内のbackup1.shを右クリックします。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル
※プログラムに実行権限を与えるための作業に入ります。

属性の変更ダイアログが出たら実行権限を与えます。パーミッションを700にしてみましょう。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル
※オーナーの呼出、書込、実行をON他は全部OFF

--プログラムの定期実行の設定を行う
さくらインターネットのサーバーコントロールパネルを開き。
ドメイン名とパスワードを入力してログインします。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

CRONの設定をクリックします。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル
※画面の下の方に隠れてる可能性がありますので、スクロールさせて確認してください

CRONの設定一覧から新規項目の追加を押します。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

CRONスケジュールの設定の必要項目を入力します。

実行コマンドには、サーバーのbackup.shまでのパスとファイル名を入力します。
実行日時の月は*を入力します。(*は、毎月という設定になります。数字を入れると毎年その月に実行されます)
実行日時の日は*を入力します。(*は、毎日という設定になります。数字を入れると毎月その日に実行されます)
実行日時の時はバックアップを行いたい時間を入力してください。(私は12:00時にバックアップしたので画像では12と入力しています)
実行日時の分はバックアップを行いたい時間を入力してください。(私は12:00時にバックアップしたので画像では00と入力しています)
曜日は、すべてチェックしてください。
コメントは、貴方のわかりやすい名前を入れてください。

入力後に送信ボタンを押すと登録されます。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル

※登録ボタンを押すと、入力のエラーが出ることがあります。
 入力の確認をしても誤りがないと思う場合は、以下を確認してください。
(正直ここは、私のはまったところです(^^-;;)

 1.FTPでアップロードした。backup.shのパーミッションが700になっていない(実行権限がない)
 2.FTPでアップロードした。backup.shがアスキーモードでアップロードされていない。
 3.backup.shへのパスが微妙に間違っていないかを確認。


CRONの設定一覧画面から設定内容の確認を行ってください。
設定内容は反映されていると画面上に登録内容が表示されます。
さくらインターネットでサーバー丸ごとバックアップサンプル


確認のためバックアップのプログラムをすぐに実行したい場合は、
SSHでサーバーにつないで即実行が行えます。方法は以下参照。

02.さくらインターネットでシェルスプリクトを直接実行したい。teratermを使ってサーバーへSSH接続。
プリンタ用画面
カテゴリートップ
さくらインターネット 保守・運用関係
次
02.さくらインターネットでシェルスプリクトを直接実行したい。teratermを使ってサーバーへSSH接続。

Powered by おもいつき広場© 2001-2012 iexcl Project