メインメニュー
  
トップ  >  XOOPS Cube関連  >  XOOPSインストール  >  01.XOOPS Cubeを導入するためのサーバー選びとあなたに必要なスキルとソフト
XOOPS インストール

01.XOOPS Cubeを導入するためのサーバー選びとあなたに必要なスキル

-- XOOPS Cubeを導入するためのサーバー選び
XOOPS Cubeを導入するにあたって必要になってくるのがサーバー
すでにサーバーをお持ちの方は読み飛ばしてください。

サーバー選びで必要になってくるのは、
すごくざっくりですが、以下2つになります。

・PHPが使えるかどうか(4.1以降推奨)
・MYSQLが使えるかどうか (4.3.11以降を推奨 標準パッケージでは、
 PHP5に対応していますが、一般に配布されているモジュールには
 未対応のものもあります) 



--2010年11月現在 私の導入実績のあるもの

・サクラインターネットサービス(月500円?)
・Activeweb(月525円?) ※1ウインドウズサーバー
・Expressweb(月236円?) ※1ウインドウズサーバー
・αウエブダイレクト(大塚商会)(年1万?)
・αウエブ(大塚商会)(年3万?5万)
 ※残念ながら大塚商会ウエブダイレクトは、
  2010年12月のサーバーバージョンアップでXoopsサポート対象外となりました。原因はPHPのバージョンのようです。


--2010年11月現在 私の実績無し 候補

・ロリポップサーバー
・エックスサーバー
・WADAXレンタルサーバー
・CPI

※1ウインドウズサーバーについて。
 パーミッション(権限)変更は
 FTPではなくて、コントロールパネルから行う必要がありました。
 また、zip圧縮ファイルをアップロード後に解凍する機能が標準でついてるため作業が早いです。

 ・mainfile.phpの権限変更後の動きに少し対処しないといけないコツがあります。
 ・サーバー移転中のドメインがわりついていない状態での作業で少しコツがあります。
 上記2点については別記事で。


各企業を見比べて予算と条件をにらめっこして好きなのを決めてくださいね♪
会社のパソコンでIISを立てて社内だけで使ってる方もいるようです。



-- あなたに必要なスキルとソフト
XOOPS Cubeを導入するにあたって必要になってくるスキルとソフトをチェックしましょう。

・ftpソフトを使ってファイルのアップロードができる
・ftpソフトなどを使ってフォルダ/ファイルの属性変更ができる
・圧縮されているファイル(とりあえずzipファイル)を解凍することができる
・自分のコンテンツをアップできるサーバーがある

ここはうさぎにもできるXOOPS入門でお勉強しました♪
興味のある方はぜひ見にいってみましょう♪

プリンタ用画面
前
00.XOOPS Cubeは何ができるの?使える機能と利点
カテゴリートップ
XOOPSインストール
次
02.XOOPS Cubeを導入するために必要な情報をメモ!

Powered by おもいつき広場© 2001-2012 iexcl Project